GMOクリック証券の魅力

「GMOクリック証券(FXネオ)」という大規模なFX業者について解説します。多くの著名なトレーダーや投資家によって長年にわたり利用されており、その安定した人気により、他のFX業者から移行する経験者も少なくありません。この記事では、「GMOクリック証券(FXネオ)」の特性や、取引ツール、そして独自のソフトウェアである「はっちゅう君FXプラス」の使用法について詳しく説明していきます。

GMOクリック証券(FXネオ)の概要
会社名 GMOクリック証券株式会社(GMO CLICK Securities, Inc.)
通貨ペア数 20
取引通貨単位 1,000通貨(※南アフリカランド/円とメキシコペソ/円は10,000通貨単位)
スプレッド
※原則固定(例外あり)
米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
キャッシュバック 最大55万円
公式サイト https://www.click-sec.com/

出典:GMOクリック証券

GMOクリック証券(FXネオ)の特典

GMOクリック証券(FXネオ)では、新規口座を開設する際の特典として、取引量に応じて最高55万円のキャッシュバックが提供されています。キャッシュバックの金額はFX取引口座開設から二ヶ月後までの取引量により決まります。取引量が最低の500万通貨でも、5000円のキャッシュバックが受けられます。

具体的な取引量とそれに対応するキャッシュバックの金額については、上掲の画像をご覧ください。

GMOクリック証券(FXネオ)の特徴とは

なぜ多くのトレーダーがGMOクリック証券で口座を開設するのでしょうか?その主な理由は、「他のFX業者に比べて、ここでは利益を得やすい環境が提供されている」からです。

この利益を得やすい環境は、大別して以下の3つの要素で成り立っています。GMOクリック証券(FXネオ)が支持される理由:

  1. FX業界で最高水準の低スプレッド
  2. 高いスワップポイント
  3. Apple Watchへの対応

業界最低水準のスプレッド

「GMOクリック証券(FXネオ)」は20種類の通貨ペアを取り扱っており、そのスプレッドは業界で最も低いと言われています。

多くのFX業者は取引手数料を設けていないため、このスプレッドが事実上の手数料となります。したがって、数多くの通貨ペアで業界で最も低いスプレッドを提供しているという事実は、ユーザーにとって非常に有益と言えます。

高レベルのスワップポイントも魅力

GMOクリック証券は、業界最低水準のスプレッドだけでなく、スワップポイントも高いと評価されています。高金利通貨ペアの「メキシコペソ/円」や「南アフリカランド/円」も取り扱っており、日常的に取引を行う人だけでなく、長期保有で利益を追求する人にも適しています。

Apple Watchでのレート確認や注文も可能

FXネオ専用のスマートフォンアプリ、「GMOクリック FXneo」が究極のチャート機能を追求して2021年12月15日に最新バージョンをリリースしました。このアップデートにより、Apple Watchからレートやチャート、経済カレンダーを確認し、スピード注文を行うことも可能となりました。これにより、注文のタイミングを逃すことなく、より迅速な取引が可能となりました。

GMOクリック証券の便利な取引ツール

「GMOクリック証券(FXネオ)」の高い取引量の一因として、「取引ツールの利便性」が考えられます。この取引ツールは、パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットにも対応しており、デバイス環境も充実しています。

必要な機能へのアクセスが直感的で、初めて使用する人でも迷うことなく操作できます。変動する為替相場でも、目指すタイミングで注文を出すことが可能です。さらに、チャートを確認しながら、注文から決済までをスマホやタブレットだけで行うことができます。

スマートフォンの大画面を活用して、「テクニカルチャート」を組み込んだ新しい注文機能や、必要な機能へのスムーズなアクセス、気になる情報の即時チェックなど、便利な機能が盛りだくさんです!パソコンと同等の環境で取引が可能なため、本格的に取引を行いたい方にも満足いただけると思います。

PC専用「プラチナ(Platinum)チャート+」

GMOクリック証券が独自で開発した「プラチナ(Platinum)チャート+」は、多くのトレーダーから使いやすいと好評です。

「はっちゅう君FXプラス」

  • テクニカルの種類38
  • チャート同時表示数16
  • チャート画面で発注○
  • 時間指定成行×
  • 決済同時発注○
  • 独立ウィンドウ表示○
  • 使用料無料
  • Mac対応○

FXプラスの「はっちゅう君」と「プラチナチャートプラス」は、あなたのトレードの強力なサポートツールとして役立ちます!専門家も高く評価する多目的で高品質の取引支援ツールです。

「はっちゅう君FXプラス」の発注チャートは、使いやすさが魅力。高速注文のインターフェースは、必要な発注機能をスリムに集約し、操作性も抜群。一方、「プラチナチャートプラス」は多彩な描画ツールを提供。さらに、プライスボードや最新ニュースも取り揃え、市場の動向や商品価格の追跡も簡単にできます。独自の開発技術を駆使して、高性能で使い勝手の良いツールとして多くのユーザーから好評を得ています。

はっちゅう君FXプラス

はっちゅう君FXプラスはデスクトップ専用のアプリです。

スピーディな注文や操作が可能であり、主に短期的なトレードをする方に向いています。

豊富な情報満載のレート一覧

レート一覧ではGMOクリック証券が取り扱っている全2通貨ペアの為替レートに加え、変動値や前日比の表示があります。

さらに、買スワップと売スワップ、証拠金まで表示されているので、知りたい情報を一気に確認できます。

レート一覧から新規注文できる

レート一覧の為替レートをクリックすると注文画面が表示されます。

注文タイプは成行注文からOCO、IFD注文まで行えます。

事前に、通貨ペアごとに注文単位や逆指値までのpipsを設定しておくことで、スムーズに注文を行うことができます。

レート一覧から1クリックでチャートを表示!

レート一覧の各通貨ペアの「Tick」表示をクリックすると指定した通貨ペアのチャートが表示されます。

レート一覧から1クリックでチャート表示ができ、この方法で表示すれば、チャート表示後の通貨ペアを変更する手間が省けるので便利です。

GMOクリック証券FXのレバレッジと取引開始金額は?

GMOクリック証券FXネオでは、トレードを開始するためには取引金額の4%に相当する日本円が必要となります。これは、GMOクリック証券FXネオのレバレッジが最大で25倍であることを意味しています。レバレッジはユーザーが自由に設定するものではなく、入金額や取引通貨量などに基づいて変動します。

また、GMOクリック証券FXネオでは、2022年10月以降、1000通貨単位での取引が許可されています。それまでは1万通貨単位での取引が必要であり、FX取引を始めようとする初心者にとっては、かなりの初期投資が必要だったかもしれません。

そうなると、1000通貨単位で取引を行うとどのくらいの金額からトレードが可能になるのでしょうか?たとえば、1ドル=140円のレートでドル円の取引を考えた場合、約5600円から取引を始めることができます。
計算式は以下の通りです。

140(レート)×1000通貨×4%(保証金率)=5,600円

最低入金額の制限は設けられていないため、6000円程度からでも取引を開始することが可能です。ただし、ロスカットを防ぐためには、余裕をもった金額の入金が推奨されます。

GMOクリック証券の注文手順と使い方

このセクションでは、GMOクリック証券のPC向け取引ソフト、「はっちゅう君FXプラス」を用いた取引手順や画面の読み方について説明します。
「はっちゅう君FXプラス」のログイン後の画面を確認

このダッシュボードから「GMOクリック証券版」でのFX取引や情報確認などを行います。

今回の画面はPC専用ソフト「はっちゅう君FXプラス」のものですが、ウェブブラウザ用の管理画面、モバイル専用アプリ、iPhone専用アプリ、そしてAndroid専用アプリも利用可能です。自身の取引環境に応じたプラットフォームを選択しましょう。

自分の口座情報をチェック

基本的な手続きとしてまずは自身の口座情報を確認します。画面右上には自身の口座状況が表示されていることに気づくでしょう。

一見すると多くの情報が表示されていますが、ここでは基本的な項目の意味を主に解説します。

①余力 新規注文で使える金額
②証拠金ステータス 【適用外】FXネオ取引口座に入金されていない状態。
【適正】証拠金維持率が100%以上のお客様。
【ロスカットアラート】証拠金維持率が50%以上100%未満のお客様。
証拠金維持率が50%を下回りますと自動ロスカットが執行されます。
③時価評価総額 保有しているポジションを現在のレートで決済した時の口座残高
④建玉評価損益 保有しているポジションを現在のレートで決済した時の損益
⑤口座残高 「現金残高+締後振替+(未受渡の)既決済取引損益+スワップ損益」
⑥拘束証拠金 「注文中証拠金+必要証拠金」

レートの変動は点滅して確認できる

続いて為替レート(各通貨ペアの価格)の画面について解説します。

特定のレートを常に視界の上部にしたい場合、ドラッグ&ドロップで表示順を変更できます。前日比やスワップポイント、各通貨ペアの小型Tickチャートも表示されています。これにより、各通貨ペアの動きが一目でわかります。

左側に表示されるBid(売値)とAsk(買値)は、為替レートが変動すると点滅し、その変化を示してくれます。また、Tickの右隣にある上下の矢印は、レートが変動した際に、上昇は上向き矢印(赤)、下降は下向き矢印(青)で表示されます。

小型のTickチャートをクリックすれば、より見易いチャートを表示できます。

「成行注文」を試してみましょう

ダッシュボードの概要が把握できたところで、次に注文の手順を見てみましょう。FXでは、何も注文をしなければ何も始まらないため、基本的な「成行注文」から始めます。

上部メニューから「新規注文」を選択します。

すると、注文パネルが開きます。デフォルトでは、注文タイプは「成行」と設定されています。(プルダウンで変更可能)

通貨ペア、売りまたは買い、注文タイプ、取引数量(GMOクリック証券では量×10,000通貨から選択可能)などを入力した後、確認画面で注文内容を確認し、注文します。

注文が約定すると、「建玉一覧」にて注文内容を確認できます。

為替レートの変動によりリアルタイムで値が変化します。「売り」「買い」のレートには差があり(これをスプレッドと呼びます)、「評価損益」はマイナスからスタートします。

評価損益とスワップポイントの合計がプラス状態で決済できれば、それが勝ちの取引となります。決済を行う際は、決済したいポジションにチェックを入れ、「個別決済」または「一括決済」をクリックします。

その他の注文方法について

「成行注文」以外の注文については、プルダウンメニューから注文タイプを選択するだけで簡単に行うことができます。注文方法には、指値、逆指値、IFD、OCO、IFO等があります。

成行注文を一度行って理解した後、次のステップとしてその他の注文方法を試すと理解が深まると思います。

GMOクリック証券(FXネオ)の評価・口コミ

取引ツールが助けになる(FX歴:1~3年)

取引システムが高品質で、特に狭いスプレッドが魅力的です。私は主にパソコンツールを利用しており、特にドテン取引が可能なのが助かっています。

私の本業は忙しく、長時間パソコンに集中する時間は取れません。そのため、ワンクリックで取引可能なこのツールは大いに助かっています。

ただし、最小取引単位が大きいところはやや不満があります。初心者にはそれだけ多額の資金が必要になるため、私も初めは口座開設後しばらくトレードを控えていました。その後他社で少額での練習を経て再開した形です。最小取引単位が小さければ、初めから最後までGMOを利用し続けていたと思います。全体的な評価としては、「主力として使う口座」の一つとして高評価です。

30代企業勤め
アプリを使った取引が使いやすい(FX歴:5年以上)
アプリはシンプルで、大きな文字で見やすく、直感的な操作での売買が可能です。また、レートが頻繁に更新されるため、短期取引に大いに適しています。
アプリの取引操作は非常に直観的で使いやすく、為替レートもきちんと更新されるため、大変便利です。初心者にもおすすめです。
30代自営業者
約定力の高さが魅力(FX歴:5年以上)

最も魅力的な点は約定力の高さです。指定した価格での取引が可能なため、主に裁量トレードで利用しています。約定力が低いFX会社だと指定価格での注文が通らないこともありますが、ここではそうした問題はありません。

高い約定力により、安心して裁量トレードが行えます。FXの取引において約定力は重要な要素であり、その点においてここは大変魅力的です。

ただし、経済指標発表時や早朝などには、他のFX会社でもスプレッドが広がることがありますが、ここでは日中でも時折スプレッドが広がることがあります。すぐには元に戻りますが、これが若干残念です。

40代自営業者
おすすめの記事